錬金術とは・・・
☆☆☆☆錬金術の方法を大きく分ける☆☆☆☆



トップページへ戻る


基本的にまず錬金術を行使するには、錬成法と呼ばれる戦法のような法術が必要となる。
これに知的エネルギーを加えることによって術が発動する。
錬金術は、預貯金に近く安全に見える面もあるが、いくつか制限がある。
その基本は等価交換であり、無から有を作り出したり、性質の違う物を作り出したりすることは不可能である。
そのため、必ず原材料となる種銭が必要であり、その種銭の期限や特性を理解し、有価証券を購入、持続、そして売却するという3つの段階を経て完了する。
ただし、売却時期に誤りがあったり、対価以上の利益を錬成しようとしたりすると失敗し、時にリバウンドと呼ばれる現象が起きる。
リバウンドが起きると術者に多大なダメージを及ぼすことになる。


この仕組みは高度な理論に基づいており、学べば誰でも使えるというものではない。
さらに、仮に使えても術者の力量による面が大きく、高度な術式を使える者は多くない。また、買い専や売り専、先物や為替といった本来錬金術に馴染まない物まで多岐多様な分野があり、登場する錬金術師たちは基本的に得意分野を持ち、それぞれ固有の錬金術を持っていることが多い。
盗作や乱用を防ぐために、自らの研究成果を秘匿するのもその一因である。


錬金術におけるメカニズムは完全に解明されているとは言い難く、特に錬金術を行う際のタイミングをどのように見極めるかという点が非常に曖昧である。


七つの大罪

七つの大罪とは、傲慢(プライド)、転嫁(シフト)、暴食(グラトニー)、嫉妬(エンヴィー)、強欲(グリード)、怠惰(スロウス)、憤怒(ラース)の7つである。
この大罪が術者の錬金術に大きな壁となって存在している。
この壁を克服しない限り、錬金術師として大成するのは不可能である。
錬金術師の七戒 錬金術師の七戒は、七つの大罪に対する戒めである。

傲慢(プライド)であること無かれ。
転嫁(シフト)すること無かれ。
暴食(グラトニー)であること無かれ。
嫉妬(エンヴィー)すること無かれ。
強欲(グリード)であること無かれ。
怠惰(スロウス)であること無かれ。
憤怒(ラース)すること無かれ。


トップページへ戻る


 本サイトは、個人的な経験及び考えに基づいて構成されていますので、その内容において、正確性、信頼性および利益性を保証するものではありません。ですから、原因のいかんに関わらず、当方では、一切の責任を負いません。また、本サイトの情報に基づいて行った投資行為その他の損害についても、一切の責任を負いません。投資その他の行為については、自己資金の範囲内で慎重に行うようにして下さい。投資の最終判断、最終責任は、全てご自身でお願いします。