第拾弐篇 火攻
☆正攻法ではないものの利用の仕方☆



トップページへ戻る

コーナートップへ戻る


1.原 文
 孫子曰、凡火攻有五、一曰火人、二曰火積、三曰火輜、四曰火庫、五曰火隊、行火必有因、煙火必素具、發火有時、起火有日、時者天之燥也、日者月在箕壁翼軫也、凡此四宿者、風起之日也。
 凡火攻、必因五火之変而応之、火發於内、則早応之於外、火發兵静者、待而勿攻、極其火力、可従而従之、不可従而止、火可發於外、無待於内、以時發之、火發上風、無攻下風、晝風久、夜風止、凡軍必知有五火之変、以数守之。
 故以火佐攻者明、以水佐攻者強、水可以絶、不可以奪。
 夫戦勝攻取、而不修其功者、凶、命曰費留、故曰明主慮之、良将修之、非利不動、非得不用、非危不戦、主不可以怒而興師、将不可以慍而致戦、合於利而動、不合於利而止、怒可以復喜、慍可以復悦、亡国不可以復存、死者不可以復生、故明君慎之、良将警之、此安国全軍之道也。


2.書き下し文
 孫子曰わく、凡そ火攻に五あり。一に曰わく火人、二に曰わく火積、三に曰わく火輜、四に曰わく火庫、五に曰わく火隊。火を行なうには必ず因あり、火を□ばすには必ず素より具う。火を発するに時あり、火を起こすに日あり。時とは天の燥けるなり。日とは宿の箕・壁・翼・軫に在るなり。凡そ此の四宿の者は風の起こるの日なり。
 凡そ火攻は、必ず五火の変に因りてこれに応ず。火の内に発するときは則ち早くこれに外に応ず。火の発して其の兵の静かなる者は、待ちて攻むること勿く、其の火力を極めて、従うべくしてこれに従い、従うべからざるして止む。火外より発すべくんば、内に待つことなく、時を以てこれを発す。火上風に発すれば、下風を攻むること無かれ。昼風は従い夜風は止む。凡そ軍は必らず五火の変あることを知り、数を以てこれを守る。
 故に火を以て攻を佐くる者は明なり。水を以て攻を佐くる者は強なり。水は以て絶つべきも、以て奪うべからず。
 夫れ戦勝攻取して其の功を修めざる者は凶なり。命けて費留と曰う。故に明主はこれを慮り、良将はこれを修め、利に非ざれば動かず、得るに非ざれば用いず、危うきに非ざれば戦わず。主は怒りを以て師を興こすべからず。将は慍りを以て戦いを致すべからず。利に合えば而ち動き、利に合わざれば而ち止まる。怒りは復た喜ぶべく、慍りは復た悦ぶべきも、亡国は復た存すべからず、死者は復た生くべからず。故に明主はこれを慎み、良将はこれを警む。此れ国を安んじ軍を全うするの道なり。


3.訳 文
 孫武先生が言われている。

「火攻めの方法には、次の5種類がある。兵舎を焼くこと(火人)、兵糧庫を焼くこと(火積)、荷駄を焼くこと(火輜)、武器庫等を焼くこと(火庫)および行軍路の営造物を焼くこと(火隊)である。火攻めをするには必ず事前準備が必要であり、準備は平素からしておかなければならない。火攻めには適した時間と、適した日がある。適した時間は、空気が乾燥している時間であり、適した日は、月が一定の場所に入る4日である。この4日というのは、風が起こる日なのである。

 火攻めをするには、必ずこの5種類を理解して、それぞれの変化に応じて行わなければならない。火が敵陣の中で発したときは、素早くそれに呼応して外から攻めかかる。火が発しているのに敵陣が静まり返っている場合は、暫く様子を見るべきであって、攻めてはならず、その火力を見極めてから、攻められれば攻め、攻められなければ取りやめる。火を敵陣の外からかけられれば、敵陣中からの出火を待たずに火をかけるべきである。風上から火をかけたときは、風下から攻めてはならない。昼の風が長く続いたときは、夜風は止まってしまうので、火攻めは中止する。火攻めについては以上5種類の変化があるので、そのことをよく理解して守らなければならない。

 火の助けを借りて攻撃しようとする軍は、用兵に明るい軍である。水の助けを借りて攻撃しようとする軍は、強大な軍である。しかし、水の助けでは、敵を分断することはできても、敵陣を奪取するまではできないのである。

 戦いに勝ち、敵陣を攻め取っているのに、それを支配下に組み入れないでいるのは不吉なことであり、これを『費留』という。だから明君はこのことを憂慮するし、名将は支配下に組み入れようとする。有利でなければ動かず、得るものがなければ軍を用いず、危険が迫らなければ戦わないのである。主君は、怒りに任せて軍を興してはならず、将軍も、憤りのままに合戦に及んではならない。兵を動かすこととそれから得られる利益が釣り合わなければ、兵を動かしてはならないのである。というのも、怒りが治まれば喜びも生まれるし、憤りが治まれば悦びも生まれる。それに対して、滅んだ国を復国させることはできないし、死んだ人間を生き返らせることはできない。だから、明君は怒りに任せず慎み深く兵を興し、名将は、憤りに任せず考えを戒めて合戦に及ぶのである。これが、国家を安全にし、軍を全うする方法である。」


4.内 容
 火攻めの方法には、以下の5種類がある。
 @火 人 〜 敵の兵舎や兵を焼き殺すことを目的とするもの
 A火 積 〜 敵の兵糧を焼くことを目的とするもの
 B火 輜 〜 敵の運送している荷駄を焼くことを目的とするもの
 C火 庫 〜 敵の武器庫を焼くことを目的とするもの
 D火 隊 〜 敵の行軍する橋や桟道を焼き落とすことを目的とするもの

 火攻めをするには、常日頃から準備をしておかなければならない。また火攻めをするには、適した日と時間がある。適した日とは、月が一定の場所にある風が必ず起こる日である。適した時間とは、空気が乾燥している時間である。

 火攻めをするには、以上5つの用途の違いを把握して、それに合わせて兵を用いなければならない。
 @敵陣に潜り込み、陣内から出火させたときは、それに呼応して外から攻めかかる。
 A出火しているにもかかわらず、敵が平静を保っているときは、罠の惧れがあるため、直ぐに攻めてはならない。その火勢を確認して攻められれば攻め、攻められなければ撤退すべきである。
 B敵陣の外から火をつけることができたときは、陣内の出火を待たずに攻めかかるべきである。
 C風上から火をかけたときは、風下から攻めてはならない。
 D昼の風が長く続いたときは、夜風は止まってしまうので、火攻めは中止すべきである。

 以上のことを考慮して、火攻めは行わなければならない。


コーナートップへ戻る

トップページへ戻る


 本サイトは、個人的な経験及び考えに基づいて構成されていますので、その内容において、正確性、信頼性および利益性を保証するものではありません。ですから、原因のいかんに関わらず、当方では、一切の責任を負いません。また、本サイトの情報に基づいて行った投資行為その他の損害についても、一切の責任を負いません。投資その他の行為については、自己資金の範囲内で慎重に行うようにして下さい。投資の最終判断、最終責任は、全てご自身でお願いします。