孫子(孫武)列伝
☆☆☆勝負に勝つための方法を徹底追求☆☆☆



トップページへ戻る

コーナートップへ戻る


《孫武列伝》
 「孫子」は、今から3000年以上前、つまり、日本がまだ縄文時代で、日本人がまだ竪穴式住居で生活していた時代に、中国の軍略家である孫武が書いたとされる書物です。

 当時の中国は、周王朝の実質的な崩壊により、後に春秋時代と呼ばれる弱肉強食の戦乱の時代となっていました。数千もあった大小様々な諸侯(日本風に言えば大名)が併呑や骨肉の争いを繰り返し、数十にまで統一されるという時代でもありました。

 この当時、長江下流域である江南地方に「呉」という諸侯の国がありました。この時代は、黄河流域のみが中国と考えられていた時代で、長江あたりは、南方の蛮族(南蛮)と蔑まれていました。その「呉」の軍師、つまり統合作戦本部長の席にいたのが孫武なのです。

 孫武については、司馬遷が著した「史記」にも、殆ど記述がありません。孫武が「呉」に仕官する際の様子が書かれている程度です。どこで生まれ、どこで死んだかも定かではなく、一時期は、架空の人物ではないかと言われたこともあります。ただ、最近の研究によって、どうも実在の人物であるとの結論が出たようです。しかしながら、孫武の人物像は、まだまだベールに包まれたままです。孫武のことについては、専門の研究者に任せるとして、我々は、その孫武の思想の詰まった「孫子」なるものを考えていきましょう。 また、「孫子」が書かれた春秋時代は、思想的には、最も重要な時代と言えます。後に諸子百家と言われるものが成立したのも、この時代なのです。これは、諸侯を中心とした上層階級を支配したものが「礼」であり、実質よりも形式を重んじる風潮があったことが、思想を発展させる土壌であったと考えられます。 また、この時代は、周王朝末期と雖も、周王朝自体は存続しています。あたかも、戦国時代の足利将軍のようなものです。権威は形骸化してはいても、かなりの利用価値があり、諸侯からは一目置かれ、影響力は大きかったのです。諸侯やその重臣たちは、周王から許可を得られない限り、即位や跡継ぎを認められなかったり、周王に表立って逆らうと、朝敵とされて、他の諸侯から討伐を受けたりしていたのです。しかしながら、周王朝の実力は、その影響力を裏付ける程、大きくはありませんでしたから、多くの諸侯たちは、周王朝を尊奉するふりをしながら、自らの欲望に従って、他の諸侯を併呑していったのです。このことに憂慮した有力諸侯は、周王の代人となって天下を経営すること、つまり、日本で言う幕府を開いたのです。俗に「春秋の五覇」と言われる者たちです。彼らは、古来の「礼」の復活によって、天下の経営に乗り出しました。つまり、大義名分を掲げ、大義に反する諸侯を、他の諸侯と協力して討つというものです。このために、諸侯間の外交が活発となり、多くの思想が発達したのです。


《「孫子」の兵法》
 諸子百家の一つである、兵家の中心となる書物が、「孫子」です。みなさんも、名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。『兵家』は、法家の亜流という捉え方をされるのが一般的です。また、『兵家』の存在を、戦争に勝つという目的からなる実利的なものと考え、その思想性を否定してしまうこともあります。この考えから、『兵家』が一派と認められないのです。

 確かに、武芸七書(「孫子」、「呉子」、「尉僚子」、「六韜」、「三略」、「司馬法」、「李衛公問対」)と呼ばれる兵家の代表的な書物を見れば、思想性の欠如を指摘されても仕方が無い書物が多いのです。ただ、「孫子」に限って言えば、その背景に広がる大きな思想を、学んでいくうちに感じることができるはずです。この思想があるからこそ、3000年の時を経た現代でも、未だに色褪せない書物として読み継がれているのではないかと思います。「孫子」以外の他の兵法書が、余り読まれないのは、当時の実利を優先したがために、現代の実利にそぐわなくなったからではないでしょうか。

  「孫子」は、一言で言うと兵法書です。戦争に勝つための方策を書いた書物です。平和な現代には、特に戦争の無い日本には不必要ではないかと思われがちですが、その思想を応用すれば、これほど物の役に立つ書物はありません。つまり、「孫子」の思想を、「戦争に勝つため」と捉えるのではなく、「争いに勝利するため」と捉えるのです。今の日本では、「戦争」こそありませんが、「争い」というものは結構あるのではないでしょうか。受験勉強や就職活動中の面接、就職してからの営業競争や見合い、恋愛等、生きて行く上で、様々な「争い」を潜り抜けなければならないのではないでしょうか。

 第1篇「始計」 〜 事前に勝敗を見極めるための方法
 第2篇「作戦」 〜 勝つための具体的な方法
 第3篇「謀攻」 〜 勝つために必要な環境を作り上げる方法
 第4篇「軍形」 〜 負けないために必要な態勢を作り上げる方法
 第5篇「兵勢」 〜 流れに沿って、自然に勝つための方法
 第6篇「虚実」 〜 主導権を握るための方法
 第7篇「軍争」 〜 有利な条件を得たり、作り出したりする方法
 第8篇「九変」 〜 千変万化する状況を的確に捉える方法
 第9篇「行軍」 〜 変化の兆候を具体的に見極める方法
 第10篇「地形」 〜 環境を利用する方法
 第11篇「九地」 〜 第4篇から第10篇のまとめ
 第12篇「火攻」 〜 正攻法ではないものの利用の仕方
 第13篇「用間」 〜 情報の利用の仕方


コーナートップへ戻る

トップページへ戻る


 本サイトは、個人的な経験及び考えに基づいて構成されていますので、その内容において、正確性、信頼性および利益性を保証するものではありません。ですから、原因のいかんに関わらず、当方では、一切の責任を負いません。また、本サイトの情報に基づいて行った投資行為その他の損害についても、一切の責任を負いません。投資その他の行為については、自己資金の範囲内で慎重に行うようにして下さい。投資の最終判断、最終責任は、全てご自身でお願いします。