戦 国 策
☆☆☆人の前で上手に話す方法を徹底追求☆☆☆



トップページへ戻る

コーナートップへ戻る


秦 策
第18策 大成功を遂げる方法@

 濮陽(ぼくよう)に呂不偉(りょふい)という商人がいた。彼が趙の都の邯鄲へ商売に行った時、たまたま人質となっていた秦の公子(跡継ぎではない王族の子)と会った。その公子の涼しい容姿と軽やかな動作を見た呂不偉は、家に帰って父に尋ねた。

 「農耕をしての儲けはどのくらいになるでしょうか。」

 「そうだな、10倍くらいかな。」

 「では、宝石を売買したときの儲けはどのくらいでしょうか。」

 「ま、100倍かな。」

 「それでは、一国の王を担いだときの儲けはどのくらいでしょうか。」

 「そんなもん、見当もつかん。」

 それを聞いて呂不偉は言った。

 「汗水たらして一所懸命働いても、満足いく暮らしはできない。しかし、一国の王を担ぐのに成功すれば、孫子の代まで報われる。ここはひとつ趙に人質となっている秦の王子を担いでみるか。」


普通の人の成功の度合いなど、たかが知れているということです。王侯貴族に匹敵するような成功を手に入れたければ、それなりの野望が必要だということです。


コーナートップへ戻る

トップページへ戻る


 本サイトは、個人的な経験及び考えに基づいて構成されていますので、その内容において、正確性、信頼性および利益性を保証するものではありません。ですから、原因のいかんに関わらず、当方では、一切の責任を負いません。また、本サイトの情報に基づいて行った投資行為その他の損害についても、一切の責任を負いません。投資その他の行為については、自己資金の範囲内で慎重に行うようにして下さい。投資の最終判断、最終責任は、全てご自身でお願いします。