韓子(韓非子)
☆☆☆人と上手に付き合うための方法を徹底追求☆☆☆



トップページへ戻る

コーナートップへ戻る


第30篇 内儲説(上)
第29話 宋で喪に服して痩せ衰えて死んだ話

 宋の都で、心から親の喪に服したために、ひどく痩せ衰えてしまった者がいた。
 そのことを知った宋公は、その者の孝心を誉め、役所の所長に抜擢した。すると翌年には、宋では、親の喪に服したために衰弱死した者が、一年間に10人以上出た。
 子が親の喪に服するという行為は、親に対する愛情や感謝の気持ちという自然な表れのはずであるが、それでも、恩賞によって推奨することができるのである。ましてや、君主が民に対する場合は、尚更のことである。

 人の良心でも、恩賞で買えるということである。最も、損益の枠外にあるような心情であっても、恩賞で導くことができるのである。つまり、恩賞で導けないモノは、無いのである。


コーナートップへ戻る

トップページへ戻る


 本サイトは、個人的な経験及び考えに基づいて構成されていますので、その内容において、正確性、信頼性および利益性を保証するものではありません。ですから、原因のいかんに関わらず、当方では、一切の責任を負いません。また、本サイトの情報に基づいて行った投資行為その他の損害についても、一切の責任を負いません。投資その他の行為については、自己資金の範囲内で慎重に行うようにして下さい。投資の最終判断、最終責任は、全てご自身でお願いします。