錬金術を支配する法則
☆☆☆☆錬金術の制約と七つの大罪☆☆☆☆



トップページへ戻る


エネルギー保存の法則

種銭に加えるエネルギーの質と量によって、種銭は変化するということ。
変化の前後では、その種銭と種銭の変化に要したエネルギーが変わらないという意味である。
エネルギーとして、強い知力、決断力、分析力等々がある。
つまり、変化に注ぎ込まれる良質なエネルギーが強ければ強いほど種銭は増加し、少なければ少ないほど種銭は減少する。
つまり、種銭の変化は、自身が持つエネルギー量に比例しているということである。




自然摂理の法則

自然の前に人の力は小さいものであり、自然の流れに逆らっても、望んだ結果は得られないということ。
自然の流れを受け入れ、それを利用することでしか、人は力を発揮することができない。
これらの法則を知っていた古の賢人たちは、これに対処する方法を書物の中で残している。




「人が捨てるものを拾い、人が欲するものを与える。」(史記貨殖列伝)

「倒したければ倒そうとせず、相手を爪先立たせれば良い。そうすれば、相手は自然に倒れる。」(荘周子)

「戦いは、始めてから勝ちを探すのではなく、勝ってから始めるものだ。」(孫武子)


トップページへ戻る


 本サイトは、個人的な経験及び考えに基づいて構成されていますので、その内容において、正確性、信頼性および利益性を保証するものではありません。ですから、原因のいかんに関わらず、当方では、一切の責任を負いません。また、本サイトの情報に基づいて行った投資行為その他の損害についても、一切の責任を負いません。投資その他の行為については、自己資金の範囲内で慎重に行うようにして下さい。投資の最終判断、最終責任は、全てご自身でお願いします。